スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町おこし、ようおこし!

 13,2016 12:00
7/10 枚方市の五六市に行ってきました。
「五六市?なにそれ?」
「えっ?知らん?」
「知らん知らん」
「誰か知ってる?」
「いや~知らんわ」
「月に1回だけ、第2の日曜だけ
 昔の枚方宿の所でやってる市やねんけど・・・」
「ふ~~ん!」
「廃れてしまった町の復興プロジェクトというか・・
 NPOが市の観光協会を巻き込んだ成功例として
 TVでも取り上げられてるねん。」
「・・・・」
「・・・・」
「・・・・」
あかんわ!
誰も興味無しや!けっこう有名やねんけどなぁ~
TVでも何度か取り上げられてるし・・
淀川挟んですぐの所やし、車で行ったら10分ぐらいやのになぁ

こんな時は付き合いのいいR君を拉致することにして
選挙に行ってから車で枚方の河川敷公園へ
(写真は枚方宿の鍵屋資料館の前)

goroku1.jpg
DSC_0785_convert_20160713013022.jpg
旅籠の入り口・・・歴史と風情を感じますDSC_0790_convert_20160713115450.jpg
人が入っていきます。
DSC_0788_convert_20160713013753.jpg
お隣のビルは色んな店がはいってます。
DSC_0791_convert_20160713014031.jpg
結構人が多いです
DSC_0793_convert_20160713015018.jpg
小さなお店がいっぱいあって、お店が持ちたい人が
気軽に出店できるそうです。

DSC_0794_convert_20160713115015.jpg
DSC_0792_convert_20160713115550.jpg
昔、アメ村で古着屋を始めた人たちが四天王寺でこんなビルの中にお店を出し
いつの間にか古着屋のビルになり
学校帰りの学生でいっぱいだったのを思い出しました。
DSC_0807_convert_20160713121329.jpg
DSC_0802_convert_20160713121049.jpg
DSC_0801_convert_20160713120818.jpg
このお店から五六市が始まったと言ってもいい

DSC_0803_convert_20160713120925.jpg
地元でお店を開いている人
京都や高槻のジャズストリートで出展している人
手作りアクセサリーを売っているOLさんなど色んな人がお店が出せる
初年度30店舗が現在では200店舗ほどになっているそうです。

しかし、この日は暑かった!!
DSC_0816_convert_20160713123152.jpg
DSC_0833_convert_20160713123543.jpg
DSC_0835_convert_20160713122743.jpg
DSC_0837_convert_20160713124108.jpg
DSC_0834_convert_20160713124219.jpg

詳しく知りたい人はこちらをご覧いただくと
誕生秘話も!!
魅力あふれる「五六市」が人を呼び、商店街に新しい仲間が集まる
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。